患者さんからのいろいろな悩みに対応している

注射をするときの注意

女性

特徴とその仕組みを知っておこう

ボトックス品川では、ボトックス注射を行い美容整形をしていきます。このボトックス注射自体は、外国から入ってきたものですが日本で本格的に利用されるようになったのは2010年以降とされています。それまでも日本国内で利用されていったかあるいは外国まで行って注射を打った人がいましたが、そこまで副作用が認められていたわけではありません。ただし、あまりボトックス注射を打ってしまうと副作用が生じることがあるため、ボトックス品川では充分注意をしながら施術を行っている傾向があります。特徴は、筋肉が縮小することです。これにより、顔が小さくなる可能性があります。ただ、同じく顔を小さくするエラの骨削りもありますので、この両方をよく比べておくことが必要です。両方を知った上で、その特徴を見ていくと、意外なことがわかります。まず、料金が安いのはボトックス注射の方ですが、その分だけ効果が限定的になります。もう少し厳密に言えば、効果は半年程度しかなく、半年が経過する頃には再びもう一度注射を打たなければならないことになります。

ボトックス品川で打つボトックス注射の仕組みは、筋肉の働きを麻痺させる役割があります。基本的にボトックス注射の成分となるボツリヌス菌は、もともと穀物などに含まれているものです。これを口にすることで、腹痛になることが考えられます。苦痛になるのは、ボツリヌス菌が胃腸を麻痺させるからとされているわけです。しかしながら、これをうまく医療用に使い回して、現在のような注射より小顔にすることができるようになっています。小顔にすることができるのは、顔のエラが張っている場合です。裏の部分は骨と間違えられる場面が多いですが、9割近くが筋肉により発達したものです。つまりこの筋肉を注射で麻痺させて縮小させることにより、結果的に小顔になると言えるでしょう。ボトックス品川では、このように患者さんの顔を小さくすることもそうですが、シワをなくすことにも尽力しています。シワをなくすためには、表情筋を麻痺させればいいだけです。当然ながら、表情筋とは関係ないところにできる法令線の場合は、ボトックス注射の効果がほとんど認められません。

Copyright© 2020 患者さんからのいろいろな悩みに対応している All Rights Reserved.