患者さんからのいろいろな悩みに対応している

ワキガや多汗症の治療

女性

汗腺の働きを弱める

一般的に知られているワキガや多汗症の治療方法は、剪除法と呼ばれる手術方法です。アポクリン腺を手術によって取り除き、汗やワキガの臭いの元を除去してしまう意外と原始的な方法となっています。この手術方法であれば、保険を適用して手術を受けられます。しかし、問題点として再発しやすく、完治が難しいという点があります。その点、新しいワキガや多汗症の治療方法として注目されているのが、ボトックス注射による治療です。これは、あくまで一時的な対策方法であるということを理解しておく必要があります。また、ボトックス品川による治療の場合、保険適用外となるため、治療費は必然的に高くなります。ボトックス注射によるワキガや多汗症の治療は、ボトックス品川の働きによって交感神経がアポクリン腺やエクリン腺へ刺激を与え、働きかけることを抑制します。それにより、ワキガの嫌な臭いや大量の汗を抑制することができるので、ワキガや多汗症の症状を和らげます。ただし、持続的な効果は期待することはできません。

剪除法というワキガの治療方法では、9割以上の確率で症状を改善することができると言われています。しかし、同様に再発率も高く、アポクリン腺がきちんと除去されていなければ、再度ワキガを発症してしまうことがあります。また、剪除法の手術では手術の際にメスをいれることになるため、脇に傷が残ってしまいます。そうした問題を解消するために開発されたのが、ボトックス注射によるワキガ治療です。ボトックス品川では、ボツリヌストキシンの働きによって交感神経がアポクリン腺に刺激を与えることを抑制します。それによってワキガの臭いが発生することを防ぐことができるため、効果的にワキガを治療することができるのです。この方法を応用することで、ワキガのみならず、スソワキガの治療も行えます。ボトックス品川では、注射をするだけで良いので、入院の必要が一切ありません。施術後は何の支障もなく日常生活を送ることができます。施術時間は10分程度なので、プチ整形を受ける感覚でワキガ治療が可能です。

Copyright© 2020 患者さんからのいろいろな悩みに対応している All Rights Reserved.